秋秋田県羽後町町立羽後病院 沿革
秋田県 羽後町 町立 羽後病院
0183-62-1111
羽後病院 理念 羽後病院 沿革 羽後病院 概要 羽後病院 院長あいさつ 病院へのアクセス 職員募集 お問合せはこちらから

皆様に安心を 羽後病院
>トップページ >沿革
各種ご案内とご紹介
入院・外来等のご案内
入院案内
外来案内
各種ドッグのご案内
人間ドックのご案内
脳ドックのご案内
心臓ドックのご案内
各科担当医師の紹介
内 科
外科・消化器科
整形外科
眼 科
脳神経外科
泌尿器科
耳鼻咽喉科
リハビリテーション科
その他サービス
無料送迎バス
院外処方Q&A
リンク
  当病院の沿革

 町立羽後病院は、昭和24年7月1日、「雄勝郡西部7ヶ町村国民健康保険団体連合会羽後病院」として発足し、昭和30年に町村合併法により、羽後町が誕生したことから同施設も町に移管され、「羽後町立羽後病院」と改称されました。

 その後、昭和40年11月から43年3月までの2年半の歳月をかけて鉄筋コンクリート4階建の建物に改築、CTをはじめとする医療機器を順次整備して、町民や近隣市町村の方々に医療サービスを提供してまいりましたが、改築後30年が経過したことから、建物の老朽化、利用者の増加による施設の狭隘さが顕著となり、大規模な改築が望まれるようになりました。

 このため、平成5年度より改築策定に取り組み、平成6年度に本体建設工事に着工、平成8年3月に建物を完成させるとともに、MRI等の医療機器を設備し、平成8年4月から装いを新たにして診療を開始いたしました。

 診療科目は、「内科、循環器科、外科、消化器科、整形外科、眼科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、泌尿器科、リハビリテーション科」を設け、ベッド数も「168床」に増床して、急速に進む高齢化と、高度、細分化する医療需要に応えるとともに、地域の中核的医療機関としての役割を担いつつ更なる医療サービスの提供に努めてまいります。